試験の概要

通関士試験ガイド>試験の概要

通関士試験の概要

通関士の所轄官庁

通関士試験は、財務省が所轄官庁ですが、実際は全国にある税関によって実施運営されています。

受験資格

学歴、経歴、年令、国籍などの制限はありませんので、誰でも通関士試験を受験できます。

願書配布期間

例年7月初旬〜8月中旬(願書受付終了)まで。

願書受付期間

通常は、7月下旬あるいは8月上旬〜8月中旬の間に、受験予定の税関で受付けています。受付期間は、その年によって、変更になることもありますので、各税関で確認しておくのがよいでしょう。

通関士の試験日

毎年1回、10月初旬〜中旬の日曜日。その年によって、若干変更になることもありますので、事前に確認しておきましょう。

受験場所

全国13カ所。札幌、新潟、東京、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、熊本、那覇。
受験場所の制限はなく、全国どこで通関士試験を受験しても、かまいません。(試験会場は、受験票に記載されています。)

受験料

¥3,000円の収入印紙を、受験願書に貼って提出します。収入印紙以外の現金、切手、収入証紙などは認められていません。

なお、その年の通関士試験の概要については、毎年7月初旬に官報や税関のサイトで公表されます。

通関士試験の内容

試験の範囲

通関士試験は、以下の3科目から出題されます。

(1)通関業法
(2)関税法等
   関税法、関税定率法その他関税に関する法律、
   および外国為替、外国貿易法(第6章に関する部分のみ)
(3)通関実務
   通関書類の作成要領、その他通関手続きの実務
   *実際に、輸出申告書と輸入申告書を作成し、関税額を計算。

出題形式

3科目とも、択一式と選択式の試験があり、120満点で採点され、全ての科目試験で、60%以上の得点を取る必要があります。

1つでも60%未満の科目があると、通関士試験は不合格になります。なお、全てマークシート方式での解答になっています。

最近の合格率

・平成16年(第38回試験)
     ・・・受験者数10,191人、合格者1,920人(合格率 18.8%)
・平成17年(第39回試験)
     ・・・受験者数9,953人、合格者2,466人(合格率 24.8%)
・平成18年(第40回試験)
     ・・・受験者数10,357人、合格者725人(合格率 7.0%)
・平成19年(第41回試験)
     ・・・受験者数10,695人、合格者820人(合格率 7.7%)
・平成20年(第42回試験)
     ・・・受験者数10,390人、合格者1,847人(合格率 17.8%)
・平成21年(第43回試験)
     ・・・受験者数10,367人、合格者807人(合格率 7.8%)

通関士試験の合格率は、その年によってかなり違いがあります。平成18年、19年の合格率は10%を切って、かなり難易度が高かったのですが、平成20年は17%を超え、難易度は少し下がりました。

しかし、平成21年は再び10%を切って、難易度が上がりました。



次ページ→通関士受験資格