通関士試験の合格率

通関士試験ガイド>試験の合格率

最近の通関士試験の合格率・難易度

平成13年〜23年の合格率

通関士試験は、昭和42年から始まり平成23年で45回目になりますが、平成17年までの合格率は、10〜20%台で推移していました。

しかし、平成18年に初めて合格率が10%を切り、平成19年も10%を下回っていますので、この2年は難易度が高くなったといえます。

平成20年は17%台になり、難易度が少し下がりましたが、平成21年は再び10%を切りました。

通関士の平成13年〜平成23年の受験者数、合格者数、合格率の推移は下表のようになっています。

受験者数は、毎年約1万人ですが、合格率はその年によりかなり変動があるのが、通関士試験の特徴でもあります。

<通関士 最近11年間の合格率の推移>
受験者数 合格者数 合格率
第35回試験
平成13年
9,970人 1,050人 10,5%
第36回
平成14年
9,973人 2,848人 28,6%
第37回
平成15年
10,001人 1,211人 12,1%
第38回
平成16年
10,191人 1,920人 18,8%
第39回
平成17年
9,953人 2,466人 24,8%
第40回
平成18年
10,357人 725人 7,0%
第41回
平成19年
10,695人 820人 7.7%
第42回
平成20年
10,390人 1,847人 17.8%
第43回
平成21年
10,367人 807人 7.8%
第44回
平成22年
9,490人 929人 9.8%
第45回
平成23年
9,131人 901人 9.9%
11年間の平均合格率→ 14.1%


通関士の合格率と合格ライン

通関士試験は3科目5項目で行なわれ、択一式と選択式の2種類の問題形式があります。

試験に合格するには、原則として3科目5項目の全ての問題で、60%以上の得点が必要になっています。

平成18年、19年は7%台の合格率で、かなり難易度が高かったのですが、逆にいうと、60%以上を確実に得点すれば、合格できるわけです。

ですから、合格率に惑わされることなく、3科目の学習を確実に積み重ねれば、通関士の難易度はそう高いものではないといえます♪



次ページ→通関士試験の合格発表