通関士受験の必要書類

通関士試験ガイド>受験の必要書類

通関士受験に必要な3つの書類

通関士受験する場合は、以下の必要書類を揃えて、受験する税関に提出しなければなりません。

1.受験願書

必要事項を記入して、通関士受験手数料として¥3,000円の収入印紙を指定の場所に貼ります。もし、¥3,000円を超える収入印紙を貼る場合は、印紙を貼った横に”超過承認”と記入しておきます。

なお受験手数料を、収入印紙以外の現金、切手、収入証紙で納めることはできません。(インターネット上からの支払いの場合は除きます)

2.受験票

必要事項を記入し、写真を指定の場所に貼ります。この写真は、タテ3.5cm、ヨコ3cmで正面を向いた上半身、無背景、無帽のもので、通関士の受験願書を提出する前1年以内に、撮影した写真であること。

写真は、白黒かカラーのどちらでもよいのですが、ピンボケした不鮮明な写真や変色の恐れのある写真だと、受付けてもらえません。

なお、郵送で受験願書・受験票を提出するときは、必ず50円切手を貼っておきましょう。

3.一部免除通知書の写し

受験願書提出前にすでに、「通関士試験科目の一部免除通知書」の交付を受けている方は、そのコピーを添付します。

また、初めて試験科目の一部免除を受ける方は、手続きが違いますので、試験科目の一部免除試験科目の免除申請をご覧ください。

受験願書の詳しい提出方法については、通関士受験の申込みに解説してあります。

通関士受験願書の記入について

通関士受験願書は、次のことに注意して記入します。

・受験願書への記入は、黒のボールペンかサインペンで、自筆で
 記入します。

・受験願書の氏名欄には、忘れずに捺印しておきます。
 (ゴム印での捺印は不可。)

・現住所の欄には、郵便番号、町名、番地、マンション・アパート名、
 部屋番号まで、正確に記入します。

・もし不在がちな場合は、必ず連絡が取れる電話番号を、併記
 しておきます。

・受験願書に不備があると、受付けてもらえませんので、誤字脱字や
 記入漏れがないか、最後にしっかりチェックしておきましょう。



次ページ→通関士の受験願書提出先