教育訓練給付制度とは

通関士試験ガイド>教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度

資格を持ていると、就職や転職するときに有利になるだけでなく、入社後も優遇されることが多くなっています。また、資格取得によるスキルアップで、働きがいも違ってきます。

ただ、資格を取得するために、通信講座やスクールで受講すると、それなりに費用も必要になってきます。そこで、これを支援するのが「教育訓練給付制度」です。

この教育訓練給付制度は、現在、雇用保険に加入している方(被保険者)や、以前、雇用保険に加入していた方が、一定の条件を満たしていると利用できます。

その仕組みは、受講した講座が、厚生労働大臣指定のものであれば、最後まで受講して終了すれば、給付金が支給されることになっています。

例えば、通関士の資格取得のためにスクールに通学し、受講を全て終了した場合に、受講先から受講終了の証明をしてもらえば、給付金を申請できます。

これは、通関士試験の合否には関係なく、給付金が支給されます。

この教育訓練給付制度を利用する場合は、自分の意思だけで決めることができ、勤務先から承諾をもらう必要もありません。

ただし、給付金の支給は、受講が全て終了した後で、ハローワークに申請することになりますので、受講費はご自身で、用意しておく必要があります。

また、この教育訓練給付制度を悪用した、「資格商法」と呼ばれるものもありますので、十分気をつけましょう。

受講予定の講座が、厚生労働大臣の指定された講座かどうかは、中央職業能力開発協会の教育訓練給付制度[検索システム]で、調べることができます。

教育訓練給付制度の申請手続き

給付金の支給を受けるには、いくつかの手続きが必要で、その手順は次のようになっています。

1)ハローワークで確認
まず初めに、給付金を受け取ることができるか、ハローワークで確かめてもらいます。

ハローワークの窓口に”教育訓練給付支給要件照会票”がありますので、これに必要事項を記入して、窓口か郵送で提出します。そうすると、ハローワークから給付金の可否が、書面で郵送されてきます。
     ▼

2)給付対象の講座かどうかチェック
受講先の会社と、中央職業能力開発協会の教育訓練給付制度[検索システム]の両方で、教育訓練給付制度が利用できる講座か、確かめておきます。
     ▼

3)受講の申込み
受講の申込み時に、教育訓練給付制度を利用することを受講先に伝え、給付金の申請書類の発行を、事前に依頼しておきます。
     ▼

4)受講費用を支払い、講座の受講開始
     ▼

5)講座の受講が全て終了
受講先の会社で審査後、以下の書類が発行されます。
・教育訓練終了証明書
・教育訓練給付金支給申請書
・受講費の領収書
     ▼

6)給付金の申請
住所地を管轄するハローワークに上記の書類と、
・住所が記載された身分証明書(運転免許証か住民票など)のコピー
・雇用保険被保険者証か雇用保険受給資格者証のコピー
を揃えて、窓口か郵送で提出します。

提出期限は、受講終了日の翌日から1カ月以内ですから、早めに手続きしておきましょう。
     ▼

7)ハローワークから給付金の支給
ハローワークで書類審査後、問題がなければ給付金が振り込まれます。



次ページ→教育訓練給付金