通関士の試験科目

通関士試験ガイド>試験科目

通関士試験は3科目

通関士試験で出題される試験科目は、以下の3科目です。

1.通関業法

通関業者の業務の規制や、通関士の設置などの必要な事項を定めた法律です。

この法律を理解するには、関税法や関税定率法の知識があると理解しやすいので、これらを先に学習するとよいでしょう。

2.関税法等

関税法、関税定率法、その他関税に関する法律と、外国為替、外国貿易法(第6章に関係する部分に限られています。)

具体的には、次の6つの法律の中から、通関士試験に出題されます。

A 関税法
B 関税定率法
C 関税暫定措置法
D NACCS特例法
E 外国為替、外国貿易法
F ATA条約の実施に伴う特例法

特に関税法は、通関手続きや関税に関する基礎的な法律ですから、まず初めに関税法を、理解しておくとよいでしょう。

また、関税定率法は、関税法に基づいて具体的な項目を、定めている法律です。

この試験科目の大部分は、上記のA、B、C の法律からの出題が多いので、しっかりした学習が必要です。

*参考→通関士試験の試験科目(税関の公式サイト)

3.通関実務

通関書類と、通関手続きの実務試験です。

通関書類では、実際に、輸出申告書と輸入申告書が出題されますので、貨物を正しく分類できるように、練習を繰り返すことが大切になってきます。

また、関税定率法を使って貨物の価格を求める、実務的な問題も出題されます。

過去の通関士試験の問題

実際の試験問題は、税関のサイト上に掲載されています。それぞれ、問題、正解、配点などがPDF形式でご覧になれます。

・平成16年・・・第38回通関士試験問題及び正解等
・平成17年・・・第39回通関士試験問題及び正解等について
・平成18年・・・第40回通関士試験問題及び正解等について
・平成19年・・・第41回通関士試験問題及び正解等について
・平成20年・・・第42回通関士試験問題及び正解等について
・平成21年・・・第43回通関士試験問題及び正解等について



次ページ→通関士試験の問題