通関士の就職先

通関士試験ガイド>就職先

通関士は、弁護士や税理士などと異なり、試験に合格して就職せず、独立開業することはできません。

そこで、通関士の資格を有効に活用するには、通関業者に就職するか、あるいは、貿易に関わっているメーカーや商社などに、就職するかの2つの方法があります。

通関業者に就職

通関士を正式に名乗ることができるのは、通関業者に就職して通関業務を行なっている人が、税関の長から「通関士の確認」を、受けた場合だけです。

このため、通関士の有資格者やこれから受験する方は、通関業者に就職するのが一般的です。
*参考→通関士になるには

この通関業者には、倉庫業、運送業、航空会社などがあり、それぞれの業務に加えて、通関手続き(通関業務)も兼業で行なっているのが一般的です。

外国と貿易する場合は、輸出入品の保管から運送、通関手続きまで一連の業務となっていますので、これらを全て行なっている通関業者は、効率的な貿易業務ができます。

そして、通関士はこれらの業務の中の、通関手続きを担う大切なポジションなので、通関士の有資格者は、優遇され就職するときにも有利です。

貿易に関わる会社に就職

通関業者に就職する以外にも、貿易会社や商社、あるいは輸出入品を多く扱うメーカーなどに、就職することも考えられます。

このような会社に就職した場合は、直接、通関手続きをするわけではありません。

しかし、通関士の資格を取得して、貿易の知識を身につけておくと、日常の業務をスムーズに進められるだけでなく、何かトラブルが発生したときも迅速に対応できます。

このため、貿易に関わっている多くの会社では、通関士の資格取得を奨励し、また有資格者の就職を優遇しているのです。

なお、通関業者以外の会社に就職して、通関手続きを行なっていない場合は、たとえ通関士の有資格者でも、通関士を名乗ることはできませんので、ご注意ください。



次ページ→通関士の年収・収入