通関士受験の手続き

通関士試験ガイド>受験の手続き

通関士受験手続きの流れ

通関士試験受験願書の入手や提出には、それぞれ決められた受付期間がありますので、忘れないうちに早めに手続きしましょう。

1.通関士試験の受験地を決める

日本国内に定められた13カ所の、通関士試験を実施する税関であれば、どこでも受験できます。
(大阪に住んでいる方が、東京で受験することもできます。)

税関によって試験問題が違うことはなく、全国共通になっています。
ただ、税関によっては、2カ所の受験会場を管轄しているケースもありますので、気をつけましょう。
   ▼    ▼

2.受験願書の入手

例年7月初旬〜8月中旬に、通関士試験の受験願書が関税で配布されます。ただし、各関税ごとに受験願書の書式が違いますので、必ず受験会場を管轄する税関で入手します。

受験願書の入手は、直接税関で受け取る以外に、

<ア>郵送してもらう
A4サイズの書類が入る、角型2号の返信用封筒を同封して申込みます。この返信用封筒には、必ず所要の切手を貼り、宛先を忘れずに記入しておきます。

<イ>スクールで入手
通関士試験のスクールに通っているときは、スクールで受験願書の配布を行なっている場合がありますので、これを利用することもできます。

<ウ>インターネット
インターネットで、税関手続き申請システム(CuPES カペス)にアクセスして願書を入手することもできます。ただし、登録手続きが必要。

*受験願書の入手先は、通関士の受験願書提出先と同じです。
   ▼    ▼

3.受験願書を提出

通関士試験の願書受付は、例年8月1日から8月15日までの平日行なわれ、受付時間は、午前10時〜午後5時になっています。

受付期間や受付時間は、その年ごとによって若干違うときもありますので、受験願書で確認しておきます。

また、受験願書の提出と受験手数料の支払いは、税関手続き申請システム(CuPES カペス)を、利用することもできます。
   ▼    ▼

4.受験票の入手

税関に、受験願書を直接提出したときは、その場で受験票が手渡されます。郵送で願書を提出したときは、約1カ月後に郵送されてきますが、それより遅くなるようでしたら、早めに税関へ確認を取っておきましょう。

この受験票がないと、通関士試験を受験できませんので、大切に保管しておきます。
   ▼    ▼

5.通関士試験の受験

指定された試験会場で受験します。通常は、10月の第1日曜日〜第3日曜日のいずれかに試験がありますが、これも願書で確認しておきましょう。
   ▼    ▼

6.通関士の合格発表

主要な税関で掲示され、官報でも例年11月〜12月に発表されます。また、通関士試験合格者に、郵送で通知がある他、インターネットでも公表されます。*詳細→通関士試験の合格発表




次ページ→通関士受験の申込み