通関士の現状

通関士試験ガイド>通関士の現状

通関業の従事者数

通関士の資格の有無に関係なく、通関業務に就いている方は、下表のように毎年、百人〜数百人づつ増えています。

最近は、アメリカよりも中国の貿易が増加しており、増加率は大きくなっています。

今後はますます、中国を中心としたアジア方面の貿易が伸びることが予想され、通関士の需要や役割は、ますます大きくなってくると予想されています。

<通関業の従事者数の変化>(各年4月1日現在)
通関士 通関士以外 合計
1995(平成7年) 5053 8003 13056
1996(平成8年) 5038 8122 13160
1997(平成9年) 5226 8019 13245
1998(平成10年) 5289 8129 13418
1999(平成11年) 5477 8173 13650
2000(平成12年) 5527 8469 13996
2001(平成13年) 5665 8511 14176
2002(平成14年) 5775 7847 13622
2003(平成15年) 6004 7740 13744
2004(平成16年) 6223 7772 13995
2005(平成17年) 6478 7869 14347
2006(平成18年) 6713 8027 14740
2007(平成19年) 6919 8309 15228
2008(平成20年) 7071 8476 15547
2009(平成21年) 7187 8312 15499
2010(平成22年) 7184 8042 15226
2011(平成23年) 7362 8144 15506

*税関サイトから抜粋

下表は、全国9カ所にある各税関別の、通関業務に就いている方の統計です。現在は、東京税関が合計4,000人台で、一番多くなっています。今後は、大阪、神戸、門司の従業者数の増加率が、高くなるであろうといわれています。

<税関別の通関業の従事者数>(平成23年4月1日現在)
税関 通関士 通関士以外 合計
函館 162 267 429
東京 2171 2579 4750
横浜 1029 1304 2333
名古屋 896 720 1616
大阪 1391 1157 2548
神戸 939 828 1767
門司 622 988 1610
長崎 103 197 300
沖縄 49 104 153
合計 7362 8144 15506

*税関サイトから引用



次ページ→通関士Q&A