通関士になるには

通関士試験ガイド>通関士になるには

通関士として、社会的に正式に認められるには、以下のように2つのステップを経なければなりません。

通関士試験に合格

通関士になるには、まず最初に、毎年10月に実施される通関士の国家試験に、合格しなければなりません。

これには例外はなく、たとえ通関業者で長年働いている人でも、必ず通関士試験に合格する必要があります。

ただし、通関業務や税関に係る業務に就いていた期間が5年、あるいは、15年以上ある場合は、試験科目の一部免除の制度を利用することができます。

税関の長からの確認

通関士の国家試験に合格後は、通関業者で通関業務に就き、その後、勤務先の通関業者からの申請によって、税関の長から「通関士の確認」を受ける必要があります。

この通関業者からの申請は、申請する通関士の有資格者が経験を積んで、通関業務を円滑に行なえる能力が、身に付いたと判断した場合に申請が認められています。

つまり、試験に合格する知識と、実際の実務には差があるため、国家試験に合格したからといって、すぐに通関士として認められるわけではないのです。

別の言い方をすると、通関士は司法書士や税理士などのように、資格取得後に独立開業できるわけではありません。

通関士になるには、通関業を行なっている会社で働き、十分な経験を積んでいることが条件になります。

また、通関業者で働いていたとしても、普段行なっている業務が単なる事務処理や、貨物の点検、荷おろしといった業務の場合は、「通関士の確認」を受けることはできません。

通関士試験に合格

通関業者で通関業務に就いて経験を積む

勤務先の通関業者から税関の長に申請

税関の長から「通関士の確認」を受ける

正式に通関士として業務ができる

通関士の有資格者は、通関業者に勤務していて、その後、業務上の必要性から資格を取得するケースが多かったのですが、

最近では、産後の主婦が再就職を目指す場合や、学生の就職対策として、通関士の有資格者も多くなっています。

なお、通関士に関連した資格には、貿易実務検定、TOEIC、国際航空貨物取扱士(いずれも民間資格)などがあります。
*参考→関連資格



次ページ→通関士の仕事内容